ホワイトチョコレートのケーキ(ほわいとちょこれーとのけーき)

「ホワイトチョコレート」と果実酒「グランマルニエ」は天にものぼる味。
娘の誕生日は、美味しくて、真っ白で、美しいケーキが食べられます。

手順は、「スポンジを焼く」→「横三枚に切る」→「シロップを塗る」→「ホワイトガナッシュを塗る」→「削ったホワイトチョコレートを飾る」
家庭で一日で作るのはちょっと大変なので、スポンジケーキは前日に焼きます(冷蔵庫で冷やす)。
スポンジケーキが冷えていることでガナッシュが固まってくれるのでデコレーションが上手くいきます。

チョコレートは「クーベルチュールのホワイトチョコレート500g」カルディで購入しました。
ホワイトチョコレートのケーキカット

~~レシピ(ハート形1個分、または21センチ丸焼き型1個分)~~

〈仕上げ用のホワイトチョコレート〉
ホワイトチョコレート 約40g
〈スポンジ〉
玉子 4個
砂糖 140g
小麦粉 140g
無塩バター 60g
〈シロップ〉
砂糖 20g
水 60㏄
グランマルニエ 大さじ1/2
〈ホワイトガナッシュ〉
ホワイトチョコレート 120g
ホイップ用クリーム 200㏄
グランマルニエ 大さじ1

〈仕上げ用のホワイトチョコレート〉

●ホワイトチョコレートをスプーンで薄く削り、冷蔵庫に入れておく。
〈型に紙(もぞう紙、包装紙)を敷く〉
ホワイトチョコレートのケーキ・ケーキ型に紙を敷く
●↑型の底の部分と周りの部分(2~3センチ高くなるよう)に紙を敷く
〈スポンジを作る〉
●小麦粉は三度振るう。
バターは湯煎で溶かす(そのまま温めておく)。
オーブンは150度に温めておく(手動で焼き時間の設定は35~40分)。
●ボウルに玉子を入れハンドミキサーで溶きほぐし、砂糖を加えて混ぜる。
40~45度の湯にボウルを浸け、湯煎しながら更に泡立てる。
玉子の温度が30度前後になったら湯煎から外して更に泡立てる。
白っぽくもったりとして、三倍くらいの量になるまで続ける。
ハンドミキサーを1本だけ外して手で持ち、小麦粉を振り入れ、練らない様にさっくり混ぜる。
木べらに持ち替え、溶かしたバターを木べらの上から散らすように入れ、手早く混ぜる。
●型に生地を一気に流し入れる。
ホワイトチョコレートのケーキ・焼く前
↑20センチくらいの高さから1回落とし、空気を抜き、表面を平らにならす。
●オーブン皿にのせて35~40分焼く(手のひらでポンとたたくと跳ね返ってくると出来上がり)。
硬く絞ったぬれ布巾に型ごと伏せて表面を平らに落ち着かせる。
ホワイトチョコレートのケーキ・焼いた後紙を外す
↑1~2分したら型から外し、紙をはがして表に返す。
硬く絞ったぬれ布巾をかけて冷ます。
冷めたら布巾ごとポリ袋に入れて、冷蔵庫で冷やす(ここまで前日にしておくと負担が少なくていいですよ)。
〈シロップを作る〉
●砂糖と水を火にかけて煮溶かし、冷めたらグランマルニエを加える。
〈ホワイトガナッシュを作る〉
●ホワイトチョコレートは細かくきざみ、ボウルに入れる。
ホイップ用クリームを沸騰寸前まで熱し、ボウルに入れてかき混ぜ完全に溶かす。
ホワイトチョコレートのケーキデコレーションハンドミキサー
↑ボウルを氷水に浸けて、グランマルニエを加え、冷やしながらハンドミキサーでもったりするまで泡立てる。
(冷やし過ぎて分離したら、湯煎にすると戻ります)
〈仕上げをする〉
●スポンジを横三枚に切る。
間にシロップをはけで塗り、ホワイトガナッシュをゴムベラ(パレットナイフ)で塗って重ねる。
表面全体にホワイトガナッシュを塗り、削ったホワイトチョコレートを振り掛ける。

参考【ベターホームのお菓子 財団法事ベターホーム協会編】2019年1月12日更新しました