豆ご飯(まめごはん)

季節の味です。今だけのご馳走。
鞘から出した「えんどう豆」を使います。

米の1/4(~1/2)を「もち米」に置き換えて粘りのあるご飯にします。
「もち米」を入れない場合は、普段より水加減を多目にします。そうすることで、ご飯が豆に絡みやすくなります。

豪華版の豆ご飯 →錦糸玉子と紅生姜をのせた「豆ご飯・デラックス版

~~レシピ(2合分)~~

米 1.5合
もち米 0.5合
むきえんどう カップ7分目(鞘付きで約200g)
(薄い塩水 適量)
だし昆布 あれば5センチ
塩 小さじ1/2

●えんどうは鞘から出して、すぐに薄い塩水に漬けておく(できれば1時間以上)。
●米ともち米は一緒に洗ってザルに上げ30分おく。
炊飯器に入れ、水を2合の目盛りまで入れ、水気を切ったえんどう、だし昆布、最後に塩を加えたら直ぐに炊く。
●ご飯が炊き上がったら、だし昆布を取り出し、しゃもじでサックリと混ぜる。

参考【おそうざい十二ヶ月 暮しの手帖版】

 塩水に漬ける事で、豆の色が鮮やかに仕上がるそうです(母の女学校時代のお友達に教わりました)。時間がない場合は省略OK。